公開講演会・シンポジウムを開催します【10月29日(土)】

2022.09.15 お知らせ

 下記の通り、10月29日に愛媛大学四国遍路・世界の巡礼研究センター公開講演会・シンポジウムを開催します。
 会場への参加は、先着順100名とします(申込制)。来場できない方や希望者は、オンライン参加もできます(申込制)。
✓コロナ禍の状況により、全てオンライン開催となった場合は、申し込みの連絡先に連絡するとともに、ホームページでお知らせします。
✓講演や報告の内容は、年度末に刊行する『四国遍路と世界の巡礼』第8号に掲載し、ホームページでも公開します。会場参加やオンライン参加ができなかった方は、同書やホームページをご覧ください。

【お申し込み先】 https://forms.gle/4eE2w9HpmPgmQJkK9 (10月25日(月)まで)
【問い合わせ先】 089-927-8512(愛媛大学地域連携推進室)

公開講演会・シンポジウム

日時 2022年10月29日(土)13:00~17:00
場所 愛媛大学南加記念ホール/オンライン併用開催

【講演】「観音巡礼のフィールドワークからの逆照射―四国遍路と比較巡礼研究―」

浅川泰宏(埼玉県立大学保健医療福祉学部准教授)

【研究報告】「写し巡礼における身体・空間・時間」

近藤隆二郎(元滋賀県立大学環境科学部教授)

【研究報告】「四国遍路に関する民俗文化財の継承と課題―世界遺産への取り組みと保護・活用―」

大本敬久(愛媛県歴史文化博物館専門学芸員)

【シンポジウム】「四国遍路と比較巡礼論」

<コメント> 
大原志麻(静岡大学人文社会科学部教授)
<司会 >
胡 光(愛媛大学四国遍路・世界の巡礼センター長)

*以下のチラシは、ここからもダウンロードできます(PDFファイル)